取り寄せ

RACERS レーサーズ 外伝 Vol.5

by 三栄

¥1,200 (税込)

商品解説

クルマ / オートバイ関連書籍


レーサーズ外伝 Vol.05 ケビン・シュワンツ

マシンを切り口にした『レーサーズ』に対し、“人”にスポットライトを当ててページを織りなす『レーサーズ外伝』。今号で特集するは「ケビン・シュワンツ」、その人です。
世界GPへのフル参戦開始は1988年。背が高く、手足が長いケビンにペプシカラーのツナギはとても爽やかに映りました。加えて、新機軸のスズキRGV-Γを駆った彼は、’88年の開幕戦日本GPでいきなり初優勝。鮮烈な印象を我々ファンに、ライバルに与えました。
ウェイン・レイニー、エディ・ローソン、ワイン・ガードナー、マイケル・ドゥーハンらを向こうに回し、切り込み鋭いブレーキングで勝負を挑むケビン。勝つか、それとも転倒リタイアかという彼の派手なレースっぷりに、世界中のファンの目がくぎ付けになりました。
ただし、世界タイトルを獲ったのは'93年の1回のみ。引退は'95年。スポット参戦から数えて約10年に渡るケビンのGPかく戦えりを詳細に綴るべく、取材班はアメリカ・テキサス州に彼を訪ねてロングインタビューを実施。57歳になったケビンが実家で語り下ろしてくれた熱き戦いの日々の記憶、そして浜松とGPの現場でVガンマの開発とレースに奮闘し続けたスズキの技術者たちの思いを綴ります。

CONTENTS
006 ケビン・シュワンツ GPライダー人生を語る[序編]
014 ケビンの日本GPカーニバル列伝
026 10年のグランプリ格闘簿
060 ケビン・シュワンツ GPライダー人生を語る[本編]
084 遠州スズキ魂、奮闘せり
090 ミスター・シゲノヤの思い
092 ケビンの“ご実家”訪問記

Vガンマに手放し立ちし、ガッツポーズを決める優勝後のケビン。
そんなシーンのなかから日本GPに絞ってページを組むこの「ケビンの日本GPカーニバル列伝」企画。
まずは、ケビンいわく「こいつに付き合っていたら危険だ」と言わしめた、阿部典史さんとの熾烈なトップ争いを演じた'94年から。

製品仕様

追加しました。
カートに追加できませんでした。